不測の事態

8月-12th-2013

きれいに離婚したいという方は離婚専門の弁護士がこちらで紹介されているので一度相談してみましょう!
不測の事態が発生した時には、何をどうしていいのかわからないもの。ここは岡山の弁護士に解決できそうな問題であれば、すぐに相談して依頼しましょう。

ガッシャーン!

やってしまった・・・こんな予定じゃなかったのに、まさかこんなことになってしまうなんて。青ざめる瞬間。今までもヒヤッとすることはあったけど、ちゃんと自分で察知して回避することが出来た。今までは、そうだった。なのに今回はどうしたことだ。眼前に広がるのは、完全に転倒した自転車と、その脇に倒れている人間。ぬいぐるみで有って欲しい。そう思って車を降りて話しかける。

「大丈夫ですか!」声をかけるも、相手からの反応はない。やってしまった、完全にやってしまった。交通事故じゃないか。これは完全にこっちが悪くなるやつじゃないか。向こうは赤信号で無灯火で音楽聞きながらノンストップで突っ込んできただけなのに。こっちが悪者になる。そりゃそうだ、弱者保護の原則があるから、車対自転車じゃどうあがいてもこっちの負けだ。こんな予定じゃなかった。

とはいえ交通事故を起こした以上なにもしない訳にはいかない。交通事故を起こして逃げ出したらそれこそひき逃げで人生の終了が本当に確定してしまう。逃げられるわけがない。そう思いひとしきりの処置をした。
警察にも連絡をした。さぁ、これからどうなる・・・?

実際の、いつ誰もが巻き込まれるか、巻き込むかわからない交通事故。単純に当てた当ててないの話になって水掛け論になった時も、相手に後遺障害が残ってしまった時も、向こうが弁護士を立てて攻め込んできた時も、どんな時でも相談できる相手がいます。
それが、交通事故に強い弁護士です。弁護士に相談することで、一人では到底解決するのが難しいことも解決に繋げられるでしょう。弁護士なくして、交通事故の処理の完全な終了は見込むことができません。

こちらは素人なので、わからないことだらけになってしまいます。交通事故で頼れる弁護士を見つけて、わからないことを丸め込まれないようにしましょう。

不測の事態過ぎますから、適切な治療を行ってまずは健康になるのが大切。大事な交通事故治療は千葉の専門整骨院にお願いするのがいいでしょう。
不安なら相談を!交通事故 慰謝料のこと一人で悩まないで、気軽にご相談下さい。

Comments are closed.

Subscribe feed